メイク広告株式会社

看板制作のことなら、日本全国対応の看板通販のメイク広告におまかせください。

TEL.073-455-1072

toiawase@meiku-koukoku.com 営業時間 平日9:30-18:30 土曜9:30-15:00 日祝定休
フォームからお問い合わせ
各種クレジットカード・銀行振込・代金引換・Paid後払い



2017.09.20水曜日

デザイン

デザインチーム・勉強会レポート1日目(前編)

いつもメイク広告のブログをご覧いただきありがとうございます。
メイク広告です。

弊社では広告・看板のデザインを戦略的にとても大事に考え、お客様に最適なご提案ができるようにデザインチームで勉強会を定期的に行っています。

今日はクロスメディア・パブリッシング出版の「デザインの次に来るもの これからの商品は「意味」を考える」からピックアップしてデザインチームで共有した内容を書きたいと思います。
1日目は「第1章/まず、デザインの世界潮流をつかむ」からピックアップしました。

1950〜1960年代、イタリアデザインはデザイナーではなく起業家による貢献で有名になったとありました。
デザイナーとの協業による製品開発がキーポイントです。

【起業家が優れていた点】
・デザイナーに任せきりにせず、試作品を一緒につくる。
・試作品を多くの人々に見せて反応を知り、改善点を議論して製品をつくる。
・デザイナーへの報酬をロイヤリティ制にしてリスク負担を軽減。それによってデザイナーと双方のモチベーションアップにつなげた。

このような点で起業家とデザイナーが協業することにより、イタリアデザインは伸びたことを学びました。

特にデザインチームでは、デザイナーへの報酬を「ロイヤリティ制」にすることに対しての意見交換を行いました。

弊社のような広告業界で必要となる商業デザインでは、ロイヤリティ制の導入が現実的ではないのでは?など、色々な意見が交わされました。
実際にロイヤリティ制を導入するかは別として、お客様の看板を効果的なものに仕上げるために全力でご提案することには変わらず、
このようなケースを知ることでよりデザインへの心構えが大切なことを再認識しました。

次回はデザインチーム・勉強会レポート1日目(後編)をブログで書きたいと思います。
店舗や会社の看板・広告のご相談・デザイン制作・施工・通販ならメイク広告へお気軽にご連絡ください。

集客アップ事例

営業日のご案内

日曜、祝日は休業となります。
土曜日は発送業務は行っておりませんので、予めご了承くださいませ。
▼ 2018年1月 ▼
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
▼ 2018年2月 ▼
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
ブログ月別アーカイブ
ご利用ガイド




●弊社発送予定日●

あくまで目安です

土日祝は納期に含めません。
土日祝以外を選択してください。

納期カウントは、ご注文・ご入金お手続き・データ校了後翌営業日からのカウントです。

納期について

もっと見る≫
PR
Copyright (C) 2003 Meiku-koukoku All Rights Reserved
トップへ戻る