メイク広告株式会社

看板制作のことなら、日本全国対応の看板通販のメイク広告におまかせください。

TEL.073-455-1072

toiawase@meiku-koukoku.com 営業時間 平日9:30-18:30 土曜9:30-15:00 日祝定休
フォームからお問い合わせ
各種クレジットカード・銀行振込・代金引換・Paid後払い



2017.04.12水曜日

ニュース

「のぼりは自分のお店につけない方がいい」

こんにちは。メイク広告です。
今回のテーマはのぼりということで、本題の前に少し自社の商品をご紹介させていただきます。
メイク広告では一般的な長方形のものだけではなく、特殊な形状ののぼりも制作が可能です。
パターンは限られていますが、先日のブログでもご紹介させていただいたような丸みがかったのぼりなどを製作することができます。
また、これまた一般的な、のぼりと立て棒を数点のリング(チチと言います)で繋ぐタイプものだけではなく、固定部分に袋縫い加工を施した歪みや風に強く壊れにくいのぼりも制作可能です。


ぜひお問い合わせください。

さて、今回の本題である「のぼりは自分のお店につけない方がいい」ということですが…

それはなぜか?

のぼりとは通りがかりのお客様に自分たちのお店の存在をアピールするための広告です。

私たちが普段車に乗っているときによく目にするのぼりですが、そのなかでもラーメン屋さんを例にとって考えてみましょう。



車で走っていてお腹がすいた時にラーメン屋さんに「ラーメン」と大きく書かれた看板やのぼりが立っているのを見ると、私たちはラーメンが大好きですので「ああ、ラーメンが食べたいなあ」と思います。
のぼりが広告としての効果をしっかりと発揮しています。
ですが、そのお店に入るかどうかを迷っている間に、私たちはそのお店の前を走り過ぎてしまいます。
結局、ラーメンが食べたくなった私たちは、そのあとに発見した別のラーメン屋さんに入ることにしました。



いかがでしょうか?

上記の例の通り自分のお店にのぼりを立てると、お客様がそれを見るときにはもう遅くなってしまっている状況もあるという事で せっかくの集客のチャンスも逃してしまうでしょう。
よってのぼりを立てる場合は可能であれば自分のお店より100mでも200mでも手前にも立てることで、スムーズな入店につなげることが出来るかもしれないという事も頭の中に入れておくと良いでしょう。

勿論、賑わわす為にお店にのぼりを立てる事も大切です。

更に予算的に余裕がある場合、野立て看板を設置する事でお店のある程度手前で認知してもらえお客様をスムーズに誘導できるでしょう。

広告の性質を正しく理解し、効果的なのぼりを立ててみませんか?
ご相談に乗らせていただきます。

お問い合わせはのぼり紹介ページ、またはお問い合わせフォームより。

集客アップ事例

営業日のご案内

日曜、祝日は休業となります。
土曜日は発送業務は行っておりませんので、予めご了承くださいませ。
▼ 2017年5月 ▼
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
▼ 2017年6月 ▼
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
ブログ月別アーカイブ
ご利用ガイド




●弊社発送予定日●

あくまで目安です

土日祝は納期に含めません。
土日祝以外を選択してください。

納期カウントは、ご注文・ご入金お手続き・データ校了後翌営業日からのカウントです。

納期について

もっと見る≫
PR
Copyright (C) 2003 Meiku-koukoku All Rights Reserved
トップへ戻る